読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年4月2日 古賀志

ようやく、外岩に行ける。


転勤から約8ヶ月を経て、リードの出来る仲間が出来て(育てて⁉︎)、連れて行ってくれるベテランのグループとも親しくなり、岩を氷と見紛う寒さからも解放されての今日!


意気揚々と仲間たちに連絡をすると、自分以外に11人いるはずのグループの誰も行かないとのこと⁉︎


みなさん、お忙しいのでしょう!

他にもするべきことはいくらでもあるはずですから…

ライミングも、誘われてなんとなく続けている、というスタンスの人もいるでしょう。

なのに、そういう様子を察することも出来ずに、仲間集めやリードクライミングの手ほどきなど手間のかかることを地道に続け、自分が登りたい時も、今は準備の時とその気持ちを押し殺して、仲間のことを優先してきた挙句がこれなのであれば、最初からベテラングループに入れて貰えば良かったのでは、などと自問自答をしては押し寄せる、後悔という名の負の感情を押し殺して、兎に角も古賀志の岩場に向かいました。


朝の空いている時間帯だと、家から約40分程度、車も林道に割と停められるところがあり、そして何よりアプローチが5分程度と、この気軽さは何ものにも代え難い有り難さ。


人は割と多く、登るためには当たり前に順番待ちをすることになりそうだけど、そんなに気にする程でもないかなぁと思っていると、同行者からは、今日は人が多いなぁ、とのこと。

ある人の言い回しを借りると、年寄りの行楽地、が陽気で溢れてしまったようだ。


さて、ルートの確認をと、トポと照らし合わせてみると、何だかよくわからない。

何故、と周囲の人に聞いてみると、トポのルートは合っていないよ、とのこと???

岩場に直接かけてあるルート図をみると、確かにトポとは違う!

のっけからジャブをもらって泡を食っている新米ボクサーよろしく、目を白黒させていたことでしょう!!


後で状況が分かってみると、たまたま覗き込んだそこの3〜4本だけが、ルートが更新されていたみたいで、新米ボクサーならぬ新米クライマーぶりを早速露呈してしまった。。


【成果】

名称不明(忘れた) 5.10C トップロープでトップアウト出来ず

くぅ 5.8 OS

沙羅ちゃん 5.8 トップロープでトップアウト

凹状ハング 5.9 トップアウト出来ず


想像以上に登れない!

一年くらい前には登れていたであろうグレードで大苦戦。。。

特に上部での息切れが激しく、完全にボルダラーの身体に変身してしまっているのでは無いかと愕然!!

岩場も辛い気がするし、今の靴も外岩には向いていない気がしてきました。

そして、何よりも、こんな実力では、仲間と行ってもヌンガケもろくに出来ない、という焦燥感が湧いてきました。


最初から最後まで、打ちのめされて過ごした一日でした。・°°・(>_<)・°°・。